秋の発表会2015の感想

~2015年秋の発表会の感想~

先日2015年10月11日、大人のための秋の発表会がオヤケホールにて行われ、2部構成の約30名の方々に出演いただきました

クラシックギターに始まり、バイオリン、フルート、ピアノと皆さんソロ演奏を披露され、加えて恒例のバイオリン合奏も出演者が楽しみながら演奏されていました、バイオリン合奏はここ年々テーマによって衣装にアレンジが加えられ、今年はハロウィン時期も重なり映画「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」よりの演奏曲目のせいもあり、もうコスプレ状態に…楽しませて頂きました、皆でクラシックの仮装発表会も今後面白いかもしれない 😉 
また親子で出演されている生徒さんもいて、息子さんがお母様のピアノ伴奏をされ、それが周りからすると何だか羨ましい(笑)

大人の発表会だけあって、曲目も落ち着いた素敵な曲が多く、聴き入ってしまいました。

秋の発表会合奏

私はフルートの生徒さんの伴奏をさせていただきましたが、皆さん本番前最終リハーサルでは本当に素敵な音色を奏で、一人一人のレベルの高さを感じました、勿論本番は上手くいったという人よりも悔しいという思いをされてる人が多いのですが、すべての人がちゃんと最後まで演奏しきり、ここ数年でレベルアップされているなぁ、とひしひし感じるのです。

秋の発表会2015
ともあれ、初めて出演される生徒さんにとってはド緊張が手に取るように感じ、常連の出演者にとってもどうしてこんなにも緊張するんだろう、と終演後の親睦会で嘆いていたり、修行ですねぇ、とお隣の方と励ましあったり、レベルの高い曲に挑戦する生徒さんも、皆必死に音楽と向きあいます、そんな姿が素敵に見えた会でした。人生経験も音楽経験も豊富な人であっても、人前で演奏するとゆう特別な舞台では皆平等なんだと、、

私もまだまだ修行中の身、いくつになっても果敢に挑戦しなければ、そうゆう歳のとり方のほうが素敵! 😀