ドラムサークルとは

ドラムサークルの説明

打楽器の種類を特定せずに「たたく、打つ、振る、擦る」により音を出す楽器で参加する、リズムサークルの名称です。決してドラムだけのサークルではないので誤解がないように。「人前で聴いてもらう」ことではなく、基本的にグループでその場で全員が演奏すること聴衆がいないことが特徴です。参加者は「ドラムを習うため」ではなく、「楽しむため」、または「体験するため」に参加することを主体としています。参加者の間の「つながり」や「コミュニケーション」大切しセッションの音楽を楽しむ内容になります。

ドラムサークルはいろいろが打楽器でセッションができます。

数人でセッションをしてみませんか?2名でも5名でもアンサンブルが体験できます。太鼓はいつでもみんなで楽しめる楽器です。コンガ、ボンゴ、カホン、ドラム、マラカス、タンバリンなんでも可能!講師がまとめ役となりますので、メンバーとのトラブルもなく、楽しくセッションできます。

どんな曲をやるの?

講師がみなさんの意見を聞いて判断します。好きな曲をご意見ください。レベルや人数の問題で総体的に講師が判断いたします。

 
レベルが上手くないけど大丈夫?

楽器の技術レベルも問題ありません。レベルに応じたパートを先生がアレンジしてくれます。
この講座は「みんなで音楽を共感して楽しむことを目的としています」初心者でも可能です!

*それぞれの演奏レベルを伸ばすためのものではありませんので、個人的な技術指導はいたしません。技術向上を希望の方は、個人レッスンの専門教室をおすすめします。リズムセッションすることで目的ができて、自然と演奏レベルがあがります。是非活用下さい!

リズムセッション