声楽の基礎① 腹式呼吸

1. ストレッチ

まずは大きく手をあげて、背筋を伸ばしてもましょう。首を上下、左右に動かしてリラックス、指・足の先も心がけて柔らかくしましょう。無理のないゆっくりの動きを心がけましょう。

2. 息を吐く

鼻からゆっくり息を吸い込みます。おへその下に空気を貯めていくイメージで、おなかをふくらませます。息でおなかいっぱいになるイメージです。つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。お腹をへこませて息を吐き出すイメージです。この息を吐くという行為がもっとも重要な技術になります。吐くことで自然と息が吸えるようになります。

3. 腹式呼吸

普段私達は息を吸うことから始め、吐いてを繰り返している胸式呼吸をしています。これは少ない運動量で酸素を取り込むことでは有利ですが、酸素を取り込める量が少ないため、歌う場合には何度も息継ぎをしなければ声が続きません。身体全体のエネルギーを使う声楽では、腹式呼吸を取り入れます。

様々な用途で活用が可能

腹式呼吸をすることで、歌、カラオケに限らず、ヨガ・体操など身体のリラックス、自律神経、心のメンタルリラックス、など心身ともに自分を調整することができます。健康管理に最適です。

音符12