ハンマーダルシマー講師紹介

近藤彩音ハンマーダルシマー教室 ハンマーダルシマー教室

ハンマーダルシマー講師紹介

近藤彩音 先生

【マルチパーカッショニスト/ハンマーダルシマー奏者/作曲・編曲】

経歴

東京音楽大学付属高等学校打楽器科を2011年に卒業、国立音楽大学打楽器科中退。4才からピアノを始め10才から打楽器を始める。2011年,19才の時、心理学を学ぶためにアイディアヒューマンサポートサービスにて1年半学び、心理カウンセラーとしての座学・実技を習得する。2012年から度々ドイツとチェコに渡欧し芸術を学ぶ。チェコフィルハーモニー管弦楽団主席ティンパニストのミハエル・クロウティル氏にティンパニを師事。

父であり指揮者の近藤久敦氏に音楽の基礎から幅広く教えを受ける。2013年3月に中国音楽理事会主催の国際音楽コンクールにて打楽器部門一位及び中国駐大阪総領事賞を獲得。東京国際芸術協会の第57回TIAA全日本クラシック音楽コンサートにて奨励賞を獲得。2016年夏には中東発祥の打弦楽器”ハンマー・ダルシマー”と出逢い独学して奏法を習得する。

現在は打楽器とハンマー・ダルシマーの演奏をメインにフリーの音楽家としてジャンルを問わず演奏活動を行なうかたわら、中高大学の吹奏楽・管弦楽部や一般吹奏楽団体・個人への音楽指導も全国で精力的に行なっている。作編曲は主に打楽器作品やハンマーダルシマーの作品、管打楽器アンサンブル作品、特殊編成の為の小編成作品を手がけている。株式会社ソニー・ミュージック主宰「STAND UP! CLASSIC」第1期メンバーとしても活動中。

2016年にはセルマーマカフェリタイプギター奏者であるIBUKI氏とのデュオユニットLuneSonne(リュンヌゾンネ)を結成し、世界中の音楽を独自のアレンジで演奏している。2018年8月にはリュンヌゾンネとして「第一回日本奏楽コンクール本選」に出場し、クリエイティブアンサンブル賞を受賞。

近藤彩音 全身

是非、一緒にハンマーダルシマー教室で音色を楽しみましょう。