ティンホイッスル先生紹介

ティンホイッスル講師 音楽教室

山本先生

アイリッシュロックバンドRevili’O(レビリオ)にてドラム、ティンホイッスルを担当。全国のアイリッシュパブでの演奏や、東京の様々なアイリッシュイベントへの出演を経験。ドラマーとしての経歴では他にも、ジャズ喫茶などのセッションに大学生の頃から参加し一時期セッションマスターを担当。

又、ティンホイッスルという、安価かつ簡単な演奏方法で幻想的な音色が出せるアイルランドの民族楽器を多くの人に広めたいと思っています。

ドラム・ティンホイッスル講師

 

インタビュー

質問1、 音楽の魅力とは?

楽器を奏でる楽しさを通じて友達や仲間ができたり、生涯に渡る生きがいを感じられる事です。
 

質問2、 その楽器との出会いは?

小学生の頃にSLIPKNOTというバンドを知り、そのバンドのドラマーの演奏に衝撃を受けドラムを始めました。
また、大学生の頃にたまたま入ったアイリッシュパブでアイルランド楽器を用いたセッションが行われていて、そこで使われていたティンホイッスルという楽器に興味を持ち、ティンホイッスルの演奏も始めました。

質問3、 演奏できるようになるとなにが楽しいですか?

他のいかなる物事でも味わえない楽しさや興奮を感じられる事です。

質問4、 好きな食べ物はなんですか?出身は?

天津飯。大阪府出身
 

質問5、 好きな音楽家は? どんなジャンルの音楽を聴きますか?

好きなジャンルはロック、ジャズ、ヘヴィメタル、フュージョン
好きな音楽家やバンドはジョーイ・ジョーディソン、スリップノット、ザ・ポーグス
 

質問6、生徒さんへの指導で心がけていることはなんですか?

わからない所をわかるまで優しく丁寧に教えるレッスンを心がけています。
自分や他の人ができて当たり前の事を生徒さんに押し付けず、その生徒さんの気持ちや立場に寄り添って考え教える事を信条にしています。