パーカッションの種類

パーカッションの種類(指導可能なパーカッションの種類)

*レッスン時に貸出できるものと、ご自分で用意していただくものもとがございます。

ジャンベ

ジャンベとはダラブッカなどアラブ諸国に見られる単面のゴブレット型ドラムの発達したものと思われ、ゴブレット型にくりぬいた木にヤギの皮などを張った物である。またその形から豊かな低音、あたたかい中音、キレのいい高音がでます。胴体の部分に人間の顔などを彫ったものもあります。西アフリカ(マリ、セネガル、ギニア、ナイジェリア等)の部族が(結婚式、出産などの)儀式や祭りといったイベントなどで演奏し、また部族間の通信手段であったとされています。そしてアフリカンダンスやソロがあるような演奏スタイルやそのリズムパターンも様々で、その特徴的な音はまさに自然との会話のような大地のリズムを感じます。

ジャンべ

ボンゴ

ボンゴは二つセットに組み合わされた片面太鼓でコンガ同様アフリカルーツキューバ生まれの楽器です。キューバでは3つセットの物からサイズがやたらと大きい物、ヘッドにレントゲンフィルムを使った物まであります。

ボンゴ

コンガ

コンガはアフリカルーツ、キューバ生まれの楽器です。総称してTUMBADORA(トゥンバドーラ)と呼ばれていますが、アメリカに伝わった時点でコンガと誤って伝わり、現在では世界的にコンガという名前で普及しています。

コンガ

タンバリン

タンバリンとは胴にシンバル、ジングル、鈴などの鳴りものをつけた小型の片面太鼓である。その歴史は古代西アジアや古代エジプトにまでさかのぼる。古くから世界中で知られその形や大きさは様々。響き線をつけたものや皮のないもの(モンキータンバリン)もある。ここではモンキータンバリンを紹介。

タンバリン

マラカス

マラカスは動物の皮やくりぬいた木に豆や木の実、種などをいれ持ち手をつけ振り鳴らす先住民起源の楽器です。マラカなどの持ち手のないシェイカー的な物の一種でいわゆる振り物系。

マラカス

ダルブッカ

ダラブッカとは陶器や銅・真鍮・木製などのゴブレット型の胴にエイなどの魚や羊などの動物の皮・プラスティックヘッドを張ったもので、中近東一帯に広くみられる片面太鼓。アラビア語で叩くという「ダルブ」から由来され、またドゥンベック・タブラとも呼ばれる。アラブ系の民謡やベリーダンスなどで使われる事が多い。

ダルブッカ

タンボリン

タンボリンとはジングルのついていないチューニング可能な小径の太鼓です。スティックやプラスティック製のムチなどを使って叩きます。

タンボリン

フレームドラム

フレームドラムとは主に円形の木枠に動物の皮(牛、ヤギ、魚、トカゲ、鹿、クジラ、ヘビ)やプラスティックなどからできているヘッドをもつ胴と皮だけのシンプルな楽器です。また世界最古の楽器と言われ、メソポタミア文明の女性神官や女性僧侶が儀式の際に使用していたとされています。またその頃より中東・中近東・アジア・アフリカ・ヨーロッパと広い地域に様々な形(中央アジアやアラブ文化圏のガヴァールやタール、北アフリカのベンディール、アイルランドのボウラン、中央アジアのダフ、エジプトのリク、イタリアのタンブレロ、日本のうちわ太鼓や沖縄のバーランク)で分布し、進化し続けています。またフレームドラムは民謡や歌の伴奏、踊りなどで演奏され地域によっては男性がダラブッカ、女性がフレームドラムを演奏するスタイルもある。またフレームドラムはシャーマニズムと密接な関係にあり、そのスピリチュアルな部分はシャーマン(巫女や呪術師など)にとってドラムは自分の分身とされるほどである。フレームドラム

トーキングドラム

トーキングドラムとは砂時計型の日本の太鼓同様抱えた腕で皮を締め付けて音程を変える事ができる楽器です。アフリカヨルバ族起源の楽器と言われ地域によってはタマやドゥンドゥンとも呼ばれています。また音程を自在に操る事で人間の声や言葉を表現し、遠距離での通信手段や狩りの合図として静かなアフリカの大地に響き渡っていたそうです。

トーキングドラム

トライアングル

トライアングルとは英語で三角形という意味で、その形状からトライアングルと呼ばれるようになりました。中世の頃は礼拝で使われていたり、また正三角形ではなく2等辺三角形であったとされる。また一定のピッチをもたず集中力のいる楽器である。ブラジルでは大きめのものを素手でもって演奏します。

トライアングル

カバサ

カバサとはやしの実やひょうたんのからにハンドルをつけまわりに数珠を巻き付けてある楽器で最近では音量・歯切れのよさなどから金属製のメタルカバサが主流となっている。カバサ

クイーカ

クイーカは「ゴン太くんの声」として有名ですが、片面太鼓の内側中央に垂直に棒を取り付けて湿らせた布などでこすることによって振動を皮に伝え音を鳴らす楽器です。リズムパターンの他、トーキングドラムのように人の声や動物の鳴き声をまねることができます。クイーカ

パンデイロ

パンデイロとはフレームドラムに属するタンバリンの発展型といわれチューニング可能でジングルがついている楽器です。ヨルバ族起源の宗教カンドンブレやカポエイラ、サンバやボサノバなど多方面で活躍。パンデイロ

スルド

スルドとはサンバやカーニバル、バイーヤ地方の音楽でも使われるブラジル音楽に欠かす事のできない両面太鼓です。主にドラムセットでいうところのバスドラム、低音を担当しリズムの核として重要なパートです。スルド

ウドゥ

ウドゥとは陶磁器で作られた壷で主にナイジェリアのイボ族発祥の楽器であり、儀式などで使われ、また元来水を運ぶ道具として使ったという説もある。またイボ族の言葉で「陶磁器」や「平和」を意味する。最近ではファイバーグラス製の物などや複数連結している物、形状など様々である。ウドゥ

ギロ

ギロはくりぬいたひょうたんに溝をほりその部分を棒でこすって音を出す楽器です。最近では、プラスティック製の物から木製の物まで様々で、中にはシェイカーとしての機能を兼ね備えた物もある。また金属のグィラという主にメレンゲで使用される物もあります。ギロ

カホン

カホンとはスペイン語で「箱」「引き出し」と言う意味でラテンアメリカ発祥の楽器である。南米ペルーでは黒人音楽からクレオール(混血)音楽まで、中米キューバではルンバなどの黒人系舞踏音楽などで使われてきました。最近では使い勝手のよさからフラメンコからはてはポップス音楽にまで様々な使われ方をしています。大きさも様々で小さいものはボンゴのように足に挟んで演奏する。またサウンドホールも1つのものから2・3ついているもの、横についているものもある。スナッピー(響き線)もチューニングできるものもある。カホン

ティンバレス

ティンバレスはメタルやブラスで作られたティンパニーの発展型。コンガ、ボンゴに続くラテンの代名詞的存在でティンバレスの音は中でも花である。

今日ではドラムセットに組み込んだりウッドブロックやカンパナ、シンバル等を組み込んだセットになっている。また並び方も特徴で、右がハイ左がローになります。ティンバレス

アゴゴ

アゴゴとは音程の異なるベルを2つまたは3つ繋げた楽器です。その音色は特徴的で高音域の金属音を組み合わせて響かせる。また木製の物や小型のフライパンのようなものもあるアゴゴ

*体験時は楽器使用状況によりご用意できない場合もございます。

*記載画像の無断複写・使用を禁止いたします。