アコースティックギターとは

アコースティック・フォークギター アコースティックギター教室

アコースティックギターとは、通常「アコギ」、「フォークギター」などとも言われています。文字通り生音のギターで、電気で音のエレキギターとは区別されます。クラシックギター、フラメンコギターなども生音のギターのため、混合しやすく間違って認識してしまう場合が多いです ギターの弦の種類とボディの外観ともアコースティックギターとクラシックギターの違いは大きいです。以下特徴をご説明します。

アコースティックギターとは

弦:鉄弦 ネックが細い ボディが薄い 主にコード(和音)を中心とした弾き語りや伴奏に使用される場合が多い。主にピックで弾くギター。

略名「アコギ」または、「フォークギター」

フォークギター・アコースティックギター

 

クラシックギターとは

弦:ナイロン弦で柔らかい ネックが太い ボディが大きい 旋律楽器で伴奏とメロディを同時に演奏する、指弾き10本を使う奏法 clasic-guitar

 

クラシックギターとフォークギターの違い

クラシックギターとフォークギターの区別がつかない人も多いですので説明します。

①一番大きな違いは、弦の種類です。フォークギターの弦の材料は、スチール弦いわゆる鉄弦となります。クラシックギターは、ナイロン弦となります。太さも材質も違います。

②クラシックギターの方がボディが厚い、フォークギターは薄い

③ネックが太いのはクラシックギターで、細いのはフォークギターとなります。

 

初心者でも簡単にギターが弾けるようになれるのはアコースティックギターがお勧めです。

まずは手軽に音を奏でてみよう! 教室の詳細はこちら→ アコースティックギター教室